京都大学
防災研究所 流砂災害研究領域
工学研究科 社会基盤工学専攻 砂防工学分野

この研究室について

山から海までの流砂系においては、土砂移動現象に付随して様々な災害が発生します。 流砂災害研究領域では、流砂系における土砂動態、土砂災害の発生機構と防止軽減策などに関して、 観測、水理実験、数値解析によって、好ましい流域の構築手法を研究しています。 現在行われている研究テーマは次のとおりです。


研究室への配属を希望する学生の方で研究室訪問を希望する場合は准教授の山野井先生(yamanoi.kazuki.6s☆kyoto-u.ac.jp)に連絡して日程を調整してください。(☆をアットマークに替えてください)
研究室未配属の学生向けページはこちらです。

ギャラリー

穂高砂防観測所(岐阜県高山市)


Mission: "凍結融解作用"による土砂生産を記録せよ(岐阜県高山市)



上高地(長野県)の美しさには梓川の河床変動が深くかかわっている⁉



土石流流下箇所の見学(長野県 上々堀沢)



火山活動と土石流発生の関係とは?(鹿児島県桜島)


研究対象地の例(和歌山県那智勝浦町)



令和5年砂防学会研究発表会@札幌(2023年5月)



宇治川オープンラボラトリー正面玄関にて(2022年12月)